チップコントロール方法

【究極の必勝法】マーチンゲール法の使用手順を解説|実践例あり

マーチンゲール法とはどのような攻略法なのか

オンラインカジノで使う攻略法には色々なやり方がありますが、マーチング法もオンラインカジノ攻略法の一つで逆マーチンゲール法やパーレー法と呼ばれることもあります。マーチンゲール法は、オンラインカジノゲームで勝負に勝ったときに利用できる攻略法で前回賭けた金額の2倍を賭ける、配当2倍の手法です。

勝っているときならわざわざ攻略法を使わなくても良いのではないか、このような疑問を持つ人も多いかと思われますが、その前に負け続けているときなどマーチンゲール法を使えば勝率約1/2になるし、失ったマネーを取り戻すことができるメリットもあります。これらのことからも、マーチンゲール法は前回賭けた金額の2倍を賭けて勝負する手法であり、逆マーチンゲール法もしくはパーレー法はその逆のやり方になります。

なお、マーチンゲール法が利用できるカジノゲームの種類としては、ルーレットをはじめバカラ・ブラックジャック・ジャックポーなどのような勝率約1/2のゲームのときに有効な攻略法になります。逆に、獲得金額が変動することが多いスロット・ビデオポーカーなどはマーチンゲール法は適していませんので、他のやり方で攻めるのがおすすめです。

マーチンゲール法はどう使う?正しい使い方やコツを分かりやすく解説します
コチラもチェック⇒「ベラジョンカジノで遊べるブラックジャック一覧」

マーチンゲール法の使い方について

マーチンゲール法の手順を簡単にご紹介

マーチンゲール法の使い方はとても簡単、基本は前回賭けた金額の2倍を賭けるだけですから少ない資金でも大きな勝ちに繋げるチャンスがあります。1回目に1ドルのときには、2回目は2ドルとなり3回目は2ドルの倍の4ドルといった具合に順番に倍の金額で賭ける手順です。

一つ注意をしなければならないことは、勝利が50%になるゲームを選ぶことでマーチンゲール法では勝率約1/2で勝つことができるテーブルゲームに有利です。ルーレットの場合であれば赤もしくは黒に賭ける、バカラもバンカーもしくはプレイヤーの2者選択になりますのでマーチンゲール法を使うことができるわけです。

コチラもチェック⇒「ベラジョンカジノで遊べるルーレット一覧」

バカラでのマーチンゲール法の実践例

ルーレットを例にした場合、最初に1ドルをベットして赤に賭ける、これで勝ったときには黒(もしくは赤)を選んで2倍の2ドルを賭ける、2回目で勝利したときには3回目は4ドルで勝負する形です。バカラの場合も、最初にバンカーに1ドル賭けて、勝ったときには2回目はプレイヤー(もしくはバンカー)に2ドルで勝負します。もし、負けたときには1ドルに戻して同じように繰り返す、これがマーチンゲール法による攻略法です。

コチラもチェック⇒「ベラジョンカジノで遊べるバカラ一覧」