ビデオスロット

ビデオスロットの仕組みを簡単解説|パチスロとの違いは?

オンラインカジノのビデオスロットの仕組みとは

出目はRNG(乱数発生器)で決定

オンラインカジノで非常に高い人気を誇っているビデオスロットの仕組みは、RNG(乱数発生器)を駆使して一定確率で大当たりが出現するようになっています。このRNG(乱数発生器)は一種のプログラムであり、日本で興じることができるパチスロの機械の中にもビデオスロットで用いられているRNG(乱数発生器)と同様のプログラムチップが内蔵されています。

言わばRNG(乱数発生器)はスロットの命とも言うべきビデオスロットのプログラムで、各機種ごとに設けられている確率数値に基づいた大当たり分母を制御しているのが特徴です。仕組みとしてはレバーを押すと同時に確率抽選がスタートして当たり・はずれの乱数当選が示唆されます。ビデオスロットの仕組みはリールの出目によって当たりを視覚的に理解できるため、深い知識を有していなくても当たりかはずれを知ることが可能です。

コチラもチェック⇒【徹底比較!】オンラインカジノのスロットと日本のスロット その違いとは?!

パチスロと違って目押しはできない

ビデオススロットとパチスロの違いは、技術介入ができないという点です。ビデオスロットを数多く取り揃えているベラジョンカジノの場合、計120機種もあるビデオスロットのすべてに停止ボタンはありません。これはソフトウェアのプログラムによって停止動作を自動で組み込んだ仕組みで、プレイヤーはスタートボタンを押すだけの動作のみとなります。

オンラインカジノはもちろんのこと、実際のカジノでも技術介入をすることはできない仕組みを取り入れていて、ビデオスロットと同様にストップ操作は各機種が自動でおこないます。技術介入ができないからこそ、すべてのプレイヤーが平等の勝敗となる仕組みで完全な運に左右される遊びを楽しめるのがオンラインカジノの魅力でもあります。

コチラの記事もチェック⇒「ベラジョンカジノで遊べるビデオスロット一覧」

オンラインカジノ側は操作できない

ベラジョンカジノだけでなく、すべてのオンラインカジノでストリーミング形式のサービス提供となっています。これはソフトウェアを各プレイヤーがダウンロードするのではなく、サーバーへアクセスして逐一ゲームに興じる方法のことを指します。この仕組みだとユーザーだけでなくベラジョンカジノの運営側もソフトウェアを操作することができないので、プレイヤーの運次第で勝敗が決まり一定勝率をどなたでも確保できます。ビデオスロットでこの仕組みを取り入れていれば、表記されている大当たり確率を収束させることができ、ビデオスロットの各確率を把握しておれば勝てる仕組みを研究することも可能です。

コチラの記事もチェック⇒「【完全版】ビデオスロットの遊び方を分かりやすく解説」