チップコントロール方法

【ルーレット必勝法】フラワーベット法の使用手順を解説|実践例あり

ルーレットのフラワーベット法とは

フラワーベット法は、ルーレットで賭けるときチップを置いた様子が花びらが開いているように見える置き方などからこのような呼び名が付けられたカジノ必勝法です。フラワーベット法は、当たる確率が高いことだけでなく高配当への期待ができるためるルーレット初心者はもちろんのこと上級者からの人気を集めている攻略法です。最近オンラインカジノを始めたといった人などルーレットをやるときにフラワーベット法を試しては如何でしょうか。

コチラもチェック⇒「ベラジョンカジノで遊べるルーレット一覧」

フラワーベット法の使い方についてわかりやすく解説

フラワーベット法の手順について

ルーレットのテーブルには数字が記載してありますが、ルーレットでは球が落ちた場所に数字や色を予測するゲームで、賭けるときには数字やエリアなどにチップを置くのが特徴です。フラワーベット法は、インサイドベットエリアを使った賭け方です。インサイドベットエリアは、数字だけが書いてある場所でフラワーベット法は9つの数字すべてを網羅する形で賭けるのが特徴、その手順は9つの数字の中央に1枚、そして罫線上に9個の数字を選ぶようにチップを置くなどの流れになります。後は、ゲーム回数と賭け金を決めてスタートします。

フラワーベット法の実践例

ルーレットで使える必勝法でもあるフラワーベット法は、ゲーム回数を50回にする、賭け金は9ドルなどにする、これを超えてのゲームをしないことが基本です。最初に50回と決めたときにはそれ以上続けないこと、途中で別の賭け方にしたり賭け金を変動させないなどのルールがあります。50回のゲームの中には多くの損失が生じることもあり、これに焦りを感じてしまうと別の場所にチップを置いてしまうなど、フラワーベット法本来の効力を失う可能性も高くなります。そのため、大きな損失が出たとしても同じ場所にベットし続けることがポイントです。

ちなみに、ルーレットはゲームごとに配当が異なるのが特徴で、フラワーベット法では9倍・36倍・144倍の3つの配当の中で勝敗が決まるため、144倍で勝利したときには多くの利益確保にも繋がる魅力を持ちます。なお、50回だと多くの時間を使うし、あまり時間がないので別の攻略法が良いのか、このような疑問を抱く人も多いかと思われますが、フラワーベット法は10回や20回などでも使える攻略法ですから、自分のペースでできるそのときの状況でゲーム回数を決めれば良いのです。

コチラもチェック⇒【ルーレット必勝法】フラワーベット法の使い方と注意点とは?