チップコントロール方法

【定番必勝法】モンテカルロ法の使用手順を解説|実践例あり

モンテカルロ法とは

モンテカルロ法とはカジノで使えるベッドルールの一つで、あまりにも有効な必勝法だったせいでモンテカルロにあったカジノが潰れたという伝説を持っている法則です。実際にはそんな話はなかったそうですが、しかしそんな話があってもおかしくないぐらい、有効な法則なのです。ベットする金額が跳ね上がる事もなく、安定した勝利が見込めるのが特徴です。配当3倍の計算方法は配当2倍のものとは異なり、配当2倍のゲームではあまり大きくは稼げません。勝率約1/3のルーレットなどでは配当3倍の計算式を使います。

コチラもチェック⇒「ベラジョンカジノで遊べるブラックジャック一覧」

コチラもチェック⇒「ベラジョンカジノで遊べるバカラ一覧」

モンテカルロ法の使い方

モンテカルロ法を使うには書く物とメモの用意が必要です。パソコンやスマートフォンでも、書き込める環境があればそれでいいです。実際のカジノではディーラーの目の前でメモを取る訳には行きませんが、オンラインカジノなら気にせずメモを取れるので、オンライン向きの手法と言えるかもしれません。

モンテカルロ法の手順

モンテカルロ法の手順は、配当2倍の場合、まずメモに1、2、3と数字を書きます。数列の両端、この場合は1と3を足した数字で4をベットします。ゲームによりますがこれは1ドルでなくとも良いので、10ドル規準にするか100ドル規準にするかは資金と相談して決めます。勝負に負けたら、数列の右にベットした額の数字を足して行きます。そして勝利した場合には、数列の両端の数字を消し、消した上で両端の数字を足した金額をベットします。これを繰り返して行く事により安定した勝利が得られると言います。

モンテカルロ法の実践例

モンテカルロ法をルーレットで実践した場合はどうなるでしょうか。配当3倍の2nd-12エリアにベットしてみます。配当3倍のゲームでは、最初4から始まるのは同じですが、123の数字は勝利した場合両端の数字を2文字ずつ消します。そのため最初に飼った場合は全部消えてしまうので、再び123からの再開になります。1ドル規準で4ドルから勝負を開始し、20回ゲームを行って勝ち負けがあって12回勝利した場合、24.9ドルの勝利と試算されました。

もちろん勝負は時の運なので、必ずしも勝てるとは限りませんが、ギャンブルの運の要素を極限まで薄め、計算上の確率を上げてしまうのがモンテカルロ法の特徴です。それに丁度良い勝率約1/3の安定したゲームがルーレットなので、モンテカルロ法を試してみたい人はまずルーレットから実践してみてはいかがでしょうか。

コチラもチェック⇒「ベラジョンカジノで遊べるルーレット一覧」