チップコントロール方法

【定番必勝法】ハーフストップ法の使用手順を解説|実践例あり

オンラインカジノでも使えるハーフストップ法とは

オンラインカジノで遊んでいると、中々勝てなくて最後には手持ちの資金が底をついてしまう、このような経験をされている人も多いのではないでしょうか。カジノゲームには色々な攻略法がありますが、資金管理を行うことも大切です。資金管理とは手持ちの資金を残しながら勝利金を蓄積するもので、ハーフストップ法は資金管理に最適な必勝法といえましょう。ハーフストップ法は、手持ちの資金を減らすことなく常に利益の半分を手元においた状態でカジノゲームで遊ぶ必勝法です。常に半分の利益が手元に残りますので、負け越して資金がゼロになってしまうなどのリスクを回避できるメリットがあります。

ハーフストップ法の使い方について

ハーフストップ法の手順を簡単に説明

ハーフストップ法は、儲けた利益が半分になった段階でカジノゲームを終了させるやり方ですから、半分になるまでの間は存分にカジノゲームで遊べるわけです。ハーフストップ法の手順は、最初に目標利益を設定することから始めます。そして目標利益が達成した時点でハーフストップ法と呼ぶ必勝法が役立つ存在になってくれます。考え方としては、利益の半分は使える資金ですから、好きなときに好きな金額でゲームを始めると良いでしょう。ただ、利益の半分を使い終えたときはゲームを終えること、そしてこれを実践すれば手元には利益の半分が確保されていることがわかります。

ハーフストップ法の実践例

ハーフストップ法は、確率が2分の1になるようなゲーム、例えばルーレットやバカラなどで使える必勝法です。ルーレットは赤・黒のいずれかに賭ける、バカラの場合はバンカー・プレイヤーのいずれかに賭ける、このようなカジノゲームでハーフストップ法を使うことができます。最初に目標利益を定めてから目標利益分の金額を稼ぐ、このときの賭け金や場所は任意です。

仮に、ルーレットでハーフストップ法を使うのであれば、赤に20ドルを投入して勝負すると良いでしょう。ルーレットの赤・黒賭けは2倍配当になるので払戻額は賭け金の倍、すなわち40ドルになります。勝てば配当を受け取ることができるわけですが、ハーフストップ法は利益の半分を手元に置いておく必勝法ですから賭けを行うときの金額には注意が必要です。勝ち負けが明確になるバカラやルーレットをやるとき、ハーフストップ法を使うと負け越したとしても半分の利益が残るなどの安心感があるのではないでしょうか。