採用ソフトウェア

NetEnt(ネットエント)の特徴と代表ゲーム

NetEnt(ネットエント)って?会社概要とゲームの特徴

NetEnt(ネットエント)は2008年にサービス提供を開始したオンラインカジノで、韓国・ソウルに運営本部があるネクソンカジノという会社がサポートをおこなっています。世界35か国に対いてオンラインカジノサービスを提供するNetEnt(ネットエント)は業界大手であり、日本でも20万人以上ものプレイヤーがいるほどです。NetEnt(ネットエント)はビデオスロット専門なので、その設置台数は1,000台を上回っており日本でも馴染みが深いパチスロと同じシステムを取り入れているマシンもあります。初回登録時はフリースピンという無料チケットが配布され、1か月間はフリープレイで遊べるのがNetEnt(ネットエント)の特徴です。

コチラもチェック⇒「ベラジョンカジノに登録する3ステップ」

コチラもチェック⇒「ベラジョンカジノでお得に遊べるボーナス一覧」

NetEnt(ネットエント)の代表ゲーム3選

Starburst

NetEnt(ネットエント)でもっとも人気と知名度があるクラシックスロットで、シンプルな有効1ラインとなっています。NetEnt(ネットエント)の初心者からベテランプレイヤーにも大人気で、ライブ観戦対応になっているのも特徴のひとつです。NetEnt(ネットエント)では全スロットに自動プレイモードが搭載されており、このクラシックスロットに至ってはチャットをしながらプレイをするのが一般的です。

Koi Princess

日本人プレイヤー向けのビデオスロットで、NetEnt(ネットエント)では唯一の萌え系キャラクターが画面上で活躍する姿を目にすることができます。有効ラインが12と多く、最大20ベットを掛ければ何かしらの小役を獲得できるビデオスロットです。映像を見るという一風変わった趣向でも楽しめるマシンです。

Dead or Alive 2

運営会社であるネクソンカジノが制作したオリジナルビデオスロットで、NetEnt(ネットエント)では超高配当のビデオスロットになっています。最低でも10ベットからしかプレイができないため、ベテランプレイヤーがプレイをおこなっていますが、純粋な大当たりに加えてジャックポットシステムも搭載されていることから一度に10,000枚以上のベットを獲得できるチャンスもあるほどです。フリースピンチケットにも対応しており、初心者はこのチケットを用いてプレイをしても良いでしょう。一攫千金のチャンスが高いビデオゲームで、NetEnt(ネットエント)でも度々イベントを実施しているほどです。

コチラもチェック⇒「ベラジョンカジノに入金する3ステップ」